USM版バナブラッキーサイクル【最高最終レート2000】

  どうもお久しぶりです。ふとんぽけです。使い続けて約1年、この度遂に7世代シングルレートにてレート2000を達成する事が出来たので改めてこの構築にてついて書きます。

  構築の大部分は前回の構築記事(オタクサイクルバナブラッキー - 寝具ルレート)と同じですが、今回は前回からの変更点や、前回書ききれなかった立ち回り及び選出、また重いポケモンの処理の仕方などを書いていきたいと思います。

 

・個体詳細

 

f:id:oftens:20180124015156p:image

 

ポケモン@持ち物  性格  特性

実数値(個体値

 

 

努力値の調整内容や技構成については前回の記事に書いているためそちらを見てください。

 

 

フシギバナ@メガ石  穏やか  葉緑素→厚い脂肪
ギガドレイン/ヘドロ爆弾/光合成/目覚めるパワー(炎)

187(252)-*-158(116)-144(12)-165(76)-107(52)

 

ブラッキー@ゴツゴツメット  図太い シンクロ
イカサマ/月の光/癒しの鈴/毒々

 

202(252)-*-162(252)-*-151(4)-85

ウツロイド@スカーフ  臆病 ビーストブースト
パワージェム/ヘドロウェーブ/ステルスロック/イカサマ
185(4)-*-67-179(252)-151-170(252)

 

テッカグヤ@残飯   慎重 ビーストブースト
ヘビーボンバー/火炎放射/宿り木の種/守る  

200(224)-121-123-114-165(228)-88(56)

 

ランドロス@飛行Z いじっぱり 威嚇

地震/岩封/空を飛ぶ/剣舞

 165(4)-216-(252)-110-*-100-143(252)

アシレーヌ@アシレーヌZ ひかえめ 激流

泡沫のアリア/ムーンフォース/アクアジェット/滅びの歌

 187(252)-84-102(60)-179(136)-136-88(60)

・前回からの変更点

 

前回からの変更点はウツロイドの技のめざ氷→イカサマ のみ  

変更した理由としては崩し枠としての龍Zガブが減り、その代わりにアーゴヨンが増えたこと(アーゴヨンにはパワージェムで良い)と、メタグロスや、剣の舞を積んだミミッキュギルガルドドリュウズなどを止める最終手段として打つことが出来るため。

USMの新要素として採用して見た結果、滅多に打つ技では無いが、打って勝つ試合が少なからずあったためかなり気に入っている。(めざ氷は全く打たなかった。)

 

 

・基本的な選出と立ち回り 

 

基本的には相手のメガ枠に合わせて選出を決める。

マンダ、グロス、ガルーラ→ブラッキー@2

リザードンウツロイド@2

ギャラドスフシギバナorブラッキー@2

クチートフシギバナ@2

ルカリオバシャーモは下の重いポケモンの欄にて記述。

 

基本的には裏のポケモン全員に後出し出来るように選出するが、下に記述している重いポケモンがいる場合、1、2体は切って選出する必要がある場合もある。

 

・重いポケモン及び構築に対する処理

 

アーゴヨン

 

USMで登場した積みエース

基本的には

テッカグヤなどで削る→炎技読みでウツロイド引き→ウツロイドのパワージェムで処理。

BBでSを上げられてしまうとウツロイドで勝てないため、テッカグヤに打たれる炎技に合わせてウツロイドを投げるしかない。しかし、アーゴヨンを倒すためにウツロとカグヤの二匹を使うため、相手のアーゴヨン以外は残りの1匹で戦うことになる。アーゴヨンといることが多いギャラドスが基本飛行Zではなくメガギャラドスなのがせめてもの救い。

 

・受けループ

 受けループは基本的にステロ+ランドロスの剣舞+飛行Zで崩す。エアームドがステロ2回+岩封(±0) +飛行Z(+2)で落ちる。

またメガヤドランはステロ一回+飛行Z(+2)で落ちる。

テッカグヤは飛行Z(+4)で落ちる。(全て確定)

 

 こちらのテッカグヤが(グライオンのギロチンを除く)受けループに安定して出せるのでタイミングを見計らってラッキーやドヒドイデランドロスを投げて先述の方法で物理受けを処理し、ランドロスで全抜きする。

しかし、上手く決まらないことも多く、対受けループの勝率はあまり高くない(4〜5割ほど)。

 

ヒードラン

 

ランドロスorアシレーヌでしか勝てないがアシレーヌでは裏に負担が掛からないので主にランロスで引かせて裏をZで倒す。(クレセリアが+2飛行Zで確定1発)

しかしランドロスの受け出しが厳しいため、可能ならランドロスアシレーヌの両方を選出したい。

 

デンジュモク

ランドロス以外勝てないが、そのランドロスも不利対面での交代読み身代わりやめざ氷に対応できないため上手く合わせる必要がある。失敗すれば全抜きされて負け。

催眠Zは当たっても当たらなくてもランドが勝てなくなるので無理。

 

ミミッキュ

無理矢理剣の舞を積むことが出来るため非常に厳しい。

また、SMまでは普通のじゃれつくZがブラッキーに対し低乱数であったが、USMになりミミッキュZがブラッキーに対し確定1発になった。

しかしミミッキュZの方が、テッカグヤフシギバナで処理し易いため、一長一短である。

 

 

 

 

地震リザードンY

 

ウツロイド引きに合わせて地震を打たれると負けます。

リザードンXは他のポケモンでも処理可能のためなんとかなる。

 

ルカリオ

フシギバナのめざ炎や、テッカグヤの放射で削っていく。コメットパンチでAを上げられてしまうと対面ですら誰も勝てない。

同様に、ブラッキーウツロイド対面で積まれると受け出し出来ず、負けるため、絶対にその対面を作らない。

 

バシャーモ

かなりキツい。

-1フレドラがランドロスに対して確定2発であり雷パンチがあるとアシレーヌも勝てないため誰も受け出しが安定しない。基本的にはゴツメやフレドラの反動で削りながら無理矢理倒す。一応上手く釣り出せれば対面でランドロスアシレーヌで処理が可能。また剣舞が無ければフシギバナで誤魔化すことも可能であるがバシャーモの裏にいるポケモンがバナでしか勝てない事が多いので厳しい。

不利対面時、ランドで後出し後守るに合わせて飛行Zを決めても約6〜7割しか削れない。

 

チャーレム

このポケモンだけは本当に無理。

膝を避ける以外ないため、頑張って膝の試行回数を稼ぐ。

膝を当てられ続けられれば絶対に勝てない。たまにいるドレインパンチ搭載型や身代わり搭載型は即降参。

 

これらを見て気づいた人がいるかもしれないが、この構築は格闘、炎タイプを半減以下にできるポケモンアシレーヌしかおらず、そのアシレーヌが耐久不足のため、とても辛い。

 またどのサイクルにも当たり前に言える事だが積みエースが辛いため、どのようにして積ませないかが勝率に直結してくる。

 

・戦績

 

・レーティングバトル

SMシーズン7 最高最終レート2000

 

f:id:oftens:20180124015206j:image 

f:id:oftens:20180124015324j:image

 

・対戦オフ

 

シングル厨 ベスト8

第3回真皇杯関西予選2 ベスト32

 第2回どらオフ 準優勝

神山杯 準優勝

もらいび杯 優勝

 

 

 

 ・総括

 

思いついたことを書き連ねていたらとても長くなってしまいました。(後に再び推敲し書き直すかもしれません)

 

誤字脱字及び追記して欲しいこと等あれば@2tpokeまでお願いします。

 

改めてシーズン7お疲れ様でした。

 

オタクサイクルバナブラッキー

どうもふとんぽけです。僕がS3以降ずっと使い続けて来たPTです。

レートではこれといった結果は残せませんでしたがサンムーンが終わってしまうので記念に書きました。

 

並び

f:id:oftens:20171110235450p:image

 

以下個体解説

f:id:oftens:20171111000107p:image

フシギバナ 持ち物 フシギバナイト
ギガドレイン/ヘドロ爆弾/光合成/目覚めるパワー(炎)
おだやか H252B116C12D76S52

H ぶっぱ
BCD 余り
S 4振り85属抜き


テテフ以外のカプに軒並み強く、めざ炎によってエアスラのないカグヤや、ナットレイにも強い。当初は控えめで使っていたが、終盤では穏やかにし、電気タイプに強めに出せるようにした。ヒードランや、ガブリアスに起点にされるのでその点では厳しかった。

f:id:oftens:20171111000110p:image

ブラッキー 持ち物 ゴツゴツメット
イカサマ/月の光/癒しの鈴/毒々
ずぶとい HB252 S4

HB ぶっぱ
S あまり

ボーマンダメタグロス、ガルーラと言った物理メガ対策の枠。

最近の環境では欠伸守る残飯型が流行しているためそれを警戒された選出をされることが多かった為、毒鈴が刺さることが多かった。

 f:id:oftens:20171111000123p:image

ウツロイド 持ち物 拘りスカーフ
技 パワージェム/ヘドロウェーブ/ステルスロック/めざめるパワー(氷)
おくびょう H4 CS252

H 余り
CS ぶっぱ

リザードンウルガモスボルトロスと言ったポケモンを受けて流しながらステルスロックを撒く。めざパは地面と氷を使い回していたが地面はあって有利なことはあってもなくて困ることはなく、氷はあれば勝っていたことが割とあったので氷にした。

f:id:oftens:20171111000129p:image

テッカグヤ 持ち物 食べ残し
技 ヘビーボンバー/火炎放射/宿り木の種/守る
しんちょう HD228 S52

HD 余り
S 無振り65属抜き抜き抜き

主にカプ・テテフやドラゴン受け。一応対面ではミミッキュにも対応出来る。Sが88なのはほとんどの素早さ補正のかかっていないテッカグヤに上を取る為。臆病テッカグヤはエアスラワンウェポンが多い為、技構成的に負けることは少ないのでこの調整となった。(無振り70属抜きまで振りたかったが耐久を下げすぎては元も子もないので泣く泣く断念した)

f:id:oftens:20171111000137p:imageランドロス 持ち物 飛行Z
地震/空を飛ぶ/岩石封じ/剣の舞
いじっぱり H4 AS252

H 余り
AS ぶっぱ(+2 飛行ZでHB特化クレセリア確定1発)

所謂崩し枠。ドヒドイテやヒードランカプ・ブルルを絡めたサイクルを崩す為に採用した。地面Zではなく飛行Zなのは受けに出てくるクレセリアランドロスに止められる事をなくす為。
等倍+2飛行Zで特化クレセリア以下の物理耐久は全て確定1発。また+3〜4飛行Zでテッカグヤを倒す事も出来るのでこのptで重めなテッカグヤを無理矢理倒す事も可能。

f:id:oftens:20171111000142p:image

アシレーヌ 持ち物 アシレーヌZ
泡沫のアリア/ムーンフォース/アクアジェット/滅びの歌
ひかえめ H252 B60 C136 S60

HB 陽気メガボーマンダすてみタックル確定耐え
C 余り
S テッカグヤと同じ

主にグライオンバシャーモオニゴーリに強くする為に採用した枠。 滅びの歌を入れることによってバシャーモの加速バトンやイーブイ、フワライドといったバトンにeazy win出来るようにした。

 

戦績

第三回真皇杯関西予選2 ベスト32
シングル厨の集い ベスト8

第2回どらおふ 準優勝

もらいび杯 優勝

最高レート 1981(シーズン4)

 

 

 

【シーズン17使用構築】【関西シングルFESTA使用構築】滅び脱出ブラッキー構築

お久しぶりです。ふとんぽけです。

シーズン17および関西シングルFESTAで使用した構築に関する記事となります。

 

f:id:oftens:20160917144228p:image

 

PT詳細

 

初手にゲンガーを出し滅び脱出で1-2交換、ラス1をマリルリの滅びで倒すのが基本の勝ち方であり、ほとんど全ての対戦でゲンガーブラッキーマリルリを選出していた。ロトムグライオンは出すつもりがなかった。また、脱出滅びは初見殺しの様なものなので再選した時は絶対に勝てなかった。それにより完全に型を一点読みされた時もあったので厳しかった。

 

 

個体詳細

 

 

f:id:oftens:20160917144237g:image

・ゲンガー@ゲンガナイト 浮遊→影踏み 

滅びの歌/守る/道連れ/シャドボ
 
臆病:167(252)-*-101(4)-190-115-200(252)
 
この構築の要1。唯一のメガ枠。基本初手選出。こいつが最低限の仕事をしないとほぼ負け。選出率は100%
f:id:oftens:20160917144247p:image 
ブラッキー@脱出ボタン  シンクロ
月の光/威張る/イカサマ/癒しの鈴
 
図太い:202(252)-*-178(252)-x-151(4)-85
 
この構築の要2。困ってたら威張ってた。ゲンガーが滅びに失敗した場合の脱出ボタンの処理方法が難しかった。脱出滅びと言えばモロバレルが有名だが、ゲンガーとの相性補完と癒しの鈴を覚える点でブラッキーの方が優っていると思う。選出率はほぼ100%
 
f:id:oftens:20160917144253p:image 
マリルリ@オボンのみ 草食
 
熱湯/滅びの歌/守る/毒毒
 
生意気:207(252)-*-113(100)-80-132(156)-61
 前とは違い物理技には割と余裕があることが多かったのでDに厚く振った(草食マリルリはこれがテンプレらしい)。ラス1滅びで倒すことが多いので少しでも対面性能を上げるために食べ残しではなくオボンのみを持たせた。選出率は100%
 
 
 f:id:oftens:20160917144302p:image
・霊獣ボルトロス@珠 蓄電
 
10万/気合玉/めざ氷/悪巧み
 
臆病:155(4)-*-90-197(252)-100-168(252)
 
勝てないバンギ入り受けループやボルト牽制のために入れたので珠を持たせ気合ボーラーにした。こいつのおかげで受けループにはあまり負けなかった。受けループにしか出すことは無かったので選出率は5%ぐらい。
 
 f:id:oftens:20160917144309p:image
 
???(出さない)
 
地面タイプを牽制するためにいれたけど牽制出来てたかよく分からない。選出率は0%
 
f:id:oftens:20160917144459p:imagef:id:oftens:20160917144417p:image
 
???(出さない)
 
化身ボルトを牽制するためにいれたけどホイホイ出てきたから意味無かったと思う。選出率は0%
 
関西シングルfesta当日の朝にヒートロトムよりフロストロトムの方が強いことに気付いてしまったので急遽フォルムを変更した。なお出すことはなかった。でもフロストロトムって強くないですか?誰か考察お願いします。
 
【追記】 フロストロトムは弱かったです。
 
 総括
 
6世代最後ということで意気込んでいたシーズン17では自己最高レートである2050を達成することが出来ました。
f:id:oftens:20160918235536j:image
(関西シングルFESTAでは予選敗退)
 
 
 
最後になりましたがレート及び関西シングルFESTAで対戦して頂いた方々ありがとうございました。
 
質問及び誤字脱字その他不備等ありましたら@25_often_pokeまでお願いします。
 
 
ORASお疲れ様でした。
 
 
 
 
 

【S14使用構築】脱出鍵滅び構築

挨拶
 

初めましてオフトゥンと申します。

 
記念程度に書きます。
 
なお、今回の構築記事はピクルス様の脱出クレッフィ軸 S7 2000達成構築 - ピクルス加工工場を参考にさせていただきました 。
 
こちらでは主な変更点などを乗せるので細かい調整などは前述のリンクへどうぞ。
 
使用構築
 
f:id:oftens:20160317000021p:image
 
基本選出はゲンガークレッフィ@1(主にマリルリオニゴーリ
滅び脱出というよくあるギミックだが、他と違う点は脱出枠にクレッフィを採用することでオニゴーリの起点作りが出来る上にグライオンや滅び持ちマリルリによりTODにも強くなる。
 
個体詳細
 
ポケモン@持ち物 特性
技構成/
実数値(努力値)
 
f:id:oftens:20160317023129p:image
・ゲンガー@ゲンガナイト  浮遊→影踏み
 
滅びの歌/守る/道連れ/シャドボ
 
臆病:167(252)-*-106(44)-191(4)-117(12)-192(196)
 
S  メガ前最速ガブリアス抜き
    メガ後最速122族抜き
 
本家でも言ってたが間違いなくこのPTのMVP。
選出率100%
f:id:oftens:20160317023155p:image
クレッフィ@脱出ボタン 悪戯心
 
電磁波/威張る/イカサマ/電磁浮遊
 
穏やか:164(252)-76-143(252)-*-117-96(4)
 
HBぶっぱ
S余り
 
スカーフ地震が辛すぎるので身代わりではなく電磁浮遊を採用。
脱出クッション役だが何もせずに倒れていくことも結構あった、がHPが1でも残っていると確実に仕事ができる点が本当に強かった。
脱出枠は他のポケモンでも可能じゃないかと思い試行錯誤を繰り返したが結局クレッフィに落ち着いた。
ただ、脱出ボタンの性質上受けることが難しいので脱出ボタンが邪魔に感じることも少なくなかった。
穏やかなのにHB特化なのはS14終わってから気付いたので触れないで下さい。
選出率100%
f:id:oftens:20160317072019p:image
オニゴーリ@食べ残し ムラっ気
 
守る/身代わり/零度/フリドラ
 

臆病:177(172)-*-101(4)-101(4)-110(76)-145(252)

 
当たる零度は強い。
f:id:oftens:20160317023035p:image
マリルリ@オボンのみ 草食
 
熱湯/滅びの歌/守る/毒毒
 
図太い:207(252)-*144(244)-80-102(12)-61
 
特化メガネニンフィアのハイボ確定耐え残りB
 
このPTの真の地雷枠。
 
ラス1滅びが主な仕事。
無振りトリトドンより速いので(たぶん当たることはないと思うが)ラス1滅びをするなら生意気か呑気S0まで粘るべきだと思う。
オニゴーリが辛いメガヘラクロスキノガッサなどに強い。また秘密持ちガルーラには麻痺痺れや急所がなければ勝てる。
選出率は約50%。
 
f:id:oftens:20160317071929p:image
・霊獣ボルトロス@珠 蓄電
 
10万/気合玉/めざ氷/悪巧み
臆病:155(4)-*-90-197(252)-100-168(252)
 
CS珠。このPTが辛い化身ボルトロスにも地震にも強くかつ氷を誘う点がよかった。
選出率は約10%。
 
f:id:oftens:20160317071945p:image
グライオン@毒毒玉
 
守る/身代わり/地震/ハサミギロチン
 
腕白:177(212)-116(4)-169(68)-*-96(4)-143(220) 
 
正直誰に出せばいいか分からなかった上に音技持ちを誘うので他のポケモンでいいと思ってる。
選出率は0%。
 
まとめ
 
ドリュウズで終わる、メガゲンガーも無理、化身ボルトも辛い、という欠陥構築。
 
ただ、オフなどに多い害悪に強い。
 
最高レートは1952
f:id:oftens:20160317190918j:image
 
最終レートは1600台()
 
このPTで2000を超える自信しか無かったが、結局S14最終日に1952まで到達した後、1600台までレートの闇に飲まれた。
しかし、ニコ生やTwitterなどの大会では本当に強かったのでこのPTにはまたまだ可能性があるとは思う。
 
 
 
初投稿なので拙い文章でしたが読んでいただきありがとうございました。